円相えんそう

 和太鼓祭座の特色の1つである円の動きをもとに、右も左も相対する演奏がコンセプト。
 その裏には古く伝えられた密教の象徴「マンダラ」にも重ねている。その絵に語られて
 いるのは”人の万能は円で繋がっているというもの”、それは喜怒哀楽。
 人との関わりで生まれる感情や森羅万象、それをも含めてそれをも超えて生きる、という
 ことを伝えているそうです。
 今日、人の温もりが薄らいでいる中、その感情を前面に押し出した曲。

 2003年東京国際和太鼓コンテスト敢闘賞受賞曲。 

  

  

 

Copy right Wadaiko Matsuriza: 無断で内容、写真の転載、流用など禁止

   
戻る   ../Home.gif