No.9 (祭座新聞 第十号、2001年10月掲載)

和太鼓祭座    


マイクテストをするとき、全国的に「本日は晴天なり」という。たとえ外は雨

でも決まり文句になっているほどです。(ちなみに、音楽に精通している人

は今こんなこといいません)このルーツは、大正4年、現在の気象庁が1ヶ

月間無線情報を流したところからきています。さらにNHKがそのままマイク

テストにつかい、常用句として全国に広がったようです。そもそもなぜこの

セリフになったかというと、アメリカのマイクテスト常用句が「It's fine today.」

だったため。つまりそのまま訳しただけだったのです。そのため、日本語の

「本日は晴天なり」はテストに適したセリフではないという見方が強い。という

のもアメリカのテスト常用句にはすべての母音と破裂音、摩擦音など色々な

発音が含まれていて、マイク感度を見るのに最適なのです。それにひきかえ

日本語の常用句はスピーカーから声が聞こえればいいという程度のもの。

今度、和太鼓祭座にもマイクテストの機会があったら「きんつばですっころん

でバカボンのパパおもらし!フフフ」とでも言ってみるつもりです。皆さんも何

かいいのがありましたら和太鼓祭座までお寄せください。