No.2 (祭座新聞 第三号、2000年7月掲載)

和太鼓祭座    


知っていますか?日本国内外、そこら中のそば屋さんのそばは邪道だということ

を! もし、江戸時代のそば職人が現代のそばを見たらきっとガッカリします。

しかも、主食的扱いのそばを許さないハズ! そばはそもそも酒のつまみでした。

”酒処”の飲み屋さんの一品で、そばの長さは40〜50cmもあったそうです。

テーブルなどなかった時代、畳にセイロを置きそばを1〜2本つまみ、つゆに半分

付けてツルッと噛まずに飲む。のどでそばの香りを楽しむものだったようです。