No.13 (祭座新聞 第十四号、2002年9月掲載)

和太鼓祭座    


 時計のCMには目立たないながらお約束がある。アナログ時計のCMを

見ると、その針が同じ時刻を指しているのにお気づきだろうか?これには

れっきとした美的配慮が働いている。長い針と短い針が両方とも下を向い

ているとなんだかたるんでいるように見え、また、どちらか片方だけが上で

もアンバランスで落ち着きが悪い。宣伝するからには消費者の目に少しで

も美しく見えないといけない為、検討に検討を重ねた結果が10時8分が

ベストと決められたそうだ。

 また、CMにとって大事なのがブランド名。A社の宣伝を見た消費者が、

よく似ているB社の時計を買ってしまっては意味がない。時計のブランド名

は”12”の数字のすぐ下に刻まれているのがほとんどで、10時8分ならば

その上に影を落とすこともないし見た目のバランスもいい。

 セイコーの場合は10時8分42秒と秒針まで細かく決まっていて、昭和12

年以降のカタログ全てというのだから、なかなか伝統ある時計だ。ちなみ

に、同じくセイコーのデジタル時計では、いろいろな数字を一度に見られ

なおかつ動きがあるということから、10時8分59秒が採用されている。

あの、言っておきますが筆者はセイコーの社員でも何でもありません。

あしからず。