No.12 (祭座新聞 第十三号、2002年7月掲載)

和太鼓祭座    


 「人のウワサも75日」という諺(ことわざ)がある。75日もすれば悪い

ウワサも忘れ去られてしまうという、ずいぶん都合の良い諺だが、75日

にまつわる諺は意外にも多いのです。

 「初物75日」・「紺屋の明後日75日」・「産後のけがれは75日」・「嫁

も姑も75日」・「ものには75度」・「子を持てば75度泣く」・「Gメン75」、

などなど。最後のは違いますけど...。

 実は、75という数字には根拠があるらしのです。古くから75は”果て”

とか”終わり”というニュアンスで使われ続けていて、というのも15日間

のサイクルを一節気と区切っており、その節気が5回りすると気候が変

わるため、ひいては一つの事柄もそこで終わるという意味合いがあった

のです。5回りの5には諸説あるようで、代表的な例を挙げると手の指の

本数からきている説です。これは、”全体”という意味を表すものです。

どれにしても15日(節気)X 5(回りor本数)=75というわけです。

 月9のドラマでも、最終回のはバーン!!と「75」なんて画面いっぱい

にしてだしてくれるとお通なんだけどなァ。「Gメン75」もまんざら適当に

つけたネーミングではないんでは!?