No.10 (祭座新聞 第十一号、2002年2月掲載)

和太鼓祭座    


今回は不思議な呼び名のルーツです。以外に知らない「土佐衛門」です。

 石部金吉といえば、きわめて頭の固い融通のきかない人の代名詞で、

浄瑠璃に登場する名前ですが元から代名詞として使われています。つま

り、石部金吉なんて人はどこにもいなかったのです。

 ところが、「土佐衛門」なる人物は存在していました。享保(1716〜17

35)の頃の力士:成瀬川 土佐衛門という男。変な話、水死体というのは

体にガスがたまってプックリとふくれあがります。その姿が超アンコ型力士

の土佐衛門を思わせたことから、いつしか水死体をその名で呼ぶようにな

ったそうです。力士なのに”死に体”になぞらえるとは、やたら大きいだけ

であまり強くなかったのかもしれない...。